腰痛は単純なものではありません

私が体験した腰痛は、椎間板ヘルニアでもぎっくり腰でもなく少し特殊なケースかもしれません。私は、ある日、信号待ちをしていて、信号が変わって歩き出そうとしたら、突然腰から右大殿筋にかけて痛みが走り、右足が前に出せなくなりました。それまでにもたびたび腰痛のような症状はあり、いわゆる腰痛持ちではあったのですが、そのような経験は初めてでした。はじめのうちは、「ぎっくり腰」を疑いましたが、痛みで腰が立たないわけではなくて、右足を前に出そうとしても固まって動かせないというのは、どうも「ぎっくり腰」ではないのではないかと思い、そのようなことが何度か起こるようになったことから、整形外科を受診することにしました。

 

整形外科では、まず、レントゲンを撮影してもらいましたが、レントゲンだけでは異常を発見することができなかったことから、やはり「椎間板ヘルニア」によって神経が圧迫されていることが疑われました。そこで、改めて体内に造影剤を入れて撮影することになったのですが、造影剤によって確認することができる「椎間板」の周辺には、はっきりした異常個所を発見することができませんでした。

 

医師によると、少し離れた箇所に飛び出して神経を圧迫しているのではないかとのことでしたが、それは切ってみないと分からないという話でしたので、さすがにそこまでしようとは思いませんでした。

 

また、MRIでも検査してみましたが、確証は得られなかったことから、結局、神経ブロック注射によって痛みを緩和する処置が行われ、現在に至っています。幸い、その処置の後は、疲労によって腰痛になることはあっても、足が固まって動かせなくなるということはなくなりましたので、その時の処置は正解だったのだと思います。

 

通常の腰痛だけであれば、当分間の安静や、マッサージ、整骨院での施術によって回復が可能な場合もあるのでしょうか、激しい運動をした記憶や過重な肉体労働をした記憶のない中での原因不明の腰痛、あるいはそれに付随する神経の障害などの症状が認められる場合には、安易にマッサージや整骨院に頼るのではなく、一度は整形外科での精密検査を受診されることをお勧めします。

PR|エステサロンを上手に利用する情報サイト|健康マニアによる無病ライフ|お家の見直ししま専科|健康に役立つ口コミ情報|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|生命保険の口コミ.COM|AGAでお悩み解決|SEOアクセスアップ相互リンク集|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|工務店向け集客ノウハウ|